2019 day194

ようやく、二ヶ月半ぶりに劇場映画鑑賞。

スパイダーマン ファー・フロム・ホーム』は、MCUの中でもこじんまりとした話で、いかにもスパイダーマンといった感じ。一連のMCU作品があって、特にエンドゲームの直後だと、スパイダーマンの小物感が際立ってしまうが、スパイダーマンってそういうものだから間違ってはいない。まだ16歳だし。青春真っ只中だし。

とはいっても、ピーター・パーカーはこれから成長していく。まだまだ伸びしろのある若者だ。スパイダー・バースのように、いつかはおっさんになるのだ。トニー・スタークの年齢に追いつく日がいつかくるのだ。精神的にも、戦術的にも、スパイダーマンの成長はまさにこれから。

このシリーズでは描かれていないピーターにとってのメンターであるベンおじさんは、トニー・スタークがその存在の代替と考えられる。つまり、ピーターのことを見出し、ピーターに想いを託したトニーが亡くなった直後の本作こそ、スパイダーマンが成長の第一歩を踏み出すストーリーであり、そして今後のスパイダーマンの成長こそが、MCU作品の新たなフェイズに大きく関わってくるはずだ。

スパイダーマン ファー・フロム・ホーム』の好きなところは、設定が現代的な組み立てになっていること。ピーターの友人たちは、人種のるつぼニューヨークの住民だけあって、アジア系やミックスなど多種多様。MJは、好きなのに素直に好きって言えない奥手なうえに、暗黒とか陰謀とかが好きな子で、絶対にモテるタイプではないが、ハマると絶対楽しいこと間違いなし。そんな彼女に恋しちゃうピーターってとても信用できる。敵は、異星人でも超能力者でもないが、現代の最新テクノロジーを駆使して戦う(しかも1人ではなく、ちゃんと大勢の裏方がいる)現代社会におけるエリート(=ギーク)で、主義主張が自己肯定と自己満足に特化している嘘っぱちのテロリスト。

いやぁ、やっぱり劇場鑑賞はいいな。ほんとはあと2本くらい立て続けに観たかったところだが。

スパイダーマン、成長が楽しみなヒーロー。これからもずっとそばで見届けさせてほしい。

2019 day189

7月も第2週に入ったのに、梅雨は明けず気温も低い。5月から6月途中までの暑さは何処へやら、朝晩は通勤で着ているジャケットがちょうど良いほどに涼しい。

6月、まだ暑かったころ、ニトリでスーパーNクールを買った。ひんやり冷たい布団シーツだ。長時間寝転がっていてもシーツは冷たさキープ、体温で温まることはない。

これは快適と思ったのもつかの間、梅雨入りとともに気温がぐんぐん下がり、Nクールの上で寝ていると寒くて夜中に目が覚めるようになった。おまけにこの借家は安普請だから、窓から隙間風が入ってくるので、窓際で寝ている自分の枕元にスーッと冷気が漂ってくる。あまりにも寒いものだから、羽毛布団を肩までかけて寝たりして。それでもNクールに接地している部分は冷たさキープで温まることなく、布団をかぶっているのに体の半分は寒いというおかしな状態に。

心身ともに休まらない。

快適さを求めて買ったNクールが逆効果を発揮している夏の夜。早くうだるような暑い夏が来ないものかな。

2019 day182

あれ?

今年も今日から折り返し。早いなぁ……とか言ってる場合じゃない。5月、そして6月と、二ヶ月連続で映画館に行っていない。

そりゃあ忙しかった。仕事帰りに観に行けるような時間もなかったし、休みの日も予定があったし、何にもないときはのんびり家族と過ごしていたし。

でも気付いたら二ヶ月。最後に観たのが4月26日のアベンジャーズ公開初日。

ビューティフル・ボーイ、マローボーン家の掟、ハンターキラー、ある少年の告白、シャザム!、キングダム、コンフィデンスマンJP、アメリカン・アニマルズ、ガルヴェストン、ラ・ヨローナ、愛がなんだ、ウィーアーリトルゾンビーズゴジラ、X MENダークフェニックス、凪待ち、MIBインターナショナル……。観てない。

あ、スパイダーマン新作も先週末から始まってた。これは絶対絶対観なきゃ。今月は絶対観る。他の作品も、まだやってるのは観る。有休使って観る。

しかし、今日は腹が立った。偏重した考え方の人間を相手にするのは本当に疲れる。本題から逸れた意見を持ち出したことは大目に見るとして、その内容と言いっぷりに腹が立った。相手が部下だから諭してやらなければいけないのだが、それが一人ではなく複数人で、しかもそれぞれ少しずつ逸れ方が異なり、時間の制約もあったのでその場は聞くだけ聞いて終わりにしたが、1日のスケジュールをこなしやっと落ち着いた定時過ぎ、ふとそのことを思い出して再び腹が立った。

端的に言えば、仕事のできない人間、業務効率の遅い人間、自分の見立てで努力不足だと思える人間は排除しようという考え方。そういう人間のことをゴミ呼ばわりし、自分の可愛がっている業務効率のいい人間が報われていないと嘆き、法令や契約や会社の規律を無視した言い分を吐く。

彼らのことを教育していかなければならないのはマネージャーである自分の責任ではあるが、それにしても考えが幼稚で、どこから手をつけるべきか。彼ら自身も決して高品質な仕事のできる人間ではないが、得意分野を見つけて引き出してやり、それぞれに活躍してもらっている。それでも、こちらが満足するレベルには到達していない。自分が彼らのような視点でしか物事を考えていなかったら、彼らはこの職場にはとっくにいない。でもそんなことはしない。そんなことをしていたら、事業所は運営できないし、仕事ってそういうものじゃない。少なくとも組織で働くとはそういうことだ。

実につまらない。

彼らの言っていることは、ある種、仕事の放棄だ。彼ら自身の役割を果たさずに、投げっぱなしの文句をぶつけてくる。部下の文句を聞くのも上司の仕事のうちだから聞くが、きちんとこちらが思っていることも伝えなくてはならない。それが体力を使うので面倒なのだが、仕方ない。親の心子知らず。

はあー、映画が観たい。

2019 day180

今日は友人と2人でゴルフへ。2サム午後スルーで、東京湾の望める千葉のゴルフ場へ向かった。あいにくの天気で、首都高から東京湾アクアラインを抜けた後も、車の窓ガラスに雨粒が叩きつけられて、「着いても降ってたらキャンセルして打ちっぱだね」と話していたが、現地は傘の必要ないくらいの霧雨程度で、予定通りラウンドできた。

12時40分からのんびりスタート。午後スタートは朝がゆっくりしていられるのでよい。仕事関係のコンペでもないし、気を使う相手もいないので、お互いのびのびとゴルフを楽しんだ。途中、ティーグラウンド付近にウサギがいて、それを一所懸命iPhoneで撮影する友人。もうすぐ三児のパパ。相変わらず無邪気なヤツだ。

9ホール回ってクラブハウスにカートを回すと、予約しておいたホットドッグとアイスコーヒーを持って係員が待っていた。それを受け取りそのまま10ホール目へと移動する。カートは自動運転なので、ティーグラウンドまでの移動中に2人ともホットドッグをムシャムシャ食う。熱々で美味かった。から揚げとフライドポテトも付いていて、これも美味かった。アイスコーヒーにガムシロップを入れて飲む。気分スッキリ。気温は低いが湿度が高くて蒸し暑いので、アイスコーヒーの清涼感が身体に染み渡る。

前半はミスショットが多く60も叩いてしまったが、後半は特にアイアンの調子が良くて、50で回れた。友人は前半後半ともに安定の50。バンカーに苦しめられなければ100切りもできたんじゃないだろうか。

曇り空でなおかつ靄も出ていたのでせっかくの景色はあまり楽しめなかった。本当は東京湾が望める素敵なコース。打ち下ろしの向こう側に東京湾が広がっていたはずなので、次回は晴れの日にまた来たい。ゴルフクラブのサービスも良かったので、このゴルフ場を自分たちのホームグラウンドにしようと決めた。

4時間半で1ラウンド終了。2サムはさくさく進められるし、午後は人も少なく風呂も空いていて、午後スルー最高。帰りは海ほたるで寿司を食い、とても良い休日だった。次は8月にまたやろうと約束をして、友人と別れた。今度は有休を取って平日に遊ぼうかな。

2019 day178

オールナイトニッポンでテレ東の佐久間プロデューサーがこの春からパーソナリティを始めて、その番組を聴いている。先週のゲストが伊集院光だったので、久しぶりに深夜の伊集院光トークを聴いた。

ラジオを聴き始めたのは小学校6年生の夏。夏風邪にやられて1週間くらい自宅のベッドの上に寝たきり状態で、他にできることもないから枕元のラジオを一日中つけていた。昼間はTBS大沢悠里のゆうゆうワイド、夜は22時からニッポン放送伊集院光のOh!デカナイト、25時からはそのままオールナイトニッポンというのが自分の定番だった。ラジオってこんなに面白いんだ!と知った夏だった。

以降、ラジオを毎日聴くようになり、十代の途中でアメリカに留学した際も、向こうのラジオを聴いていた。

大学の途中で日本に戻ってきてからは、再び日本の深夜ラジオ生活が始まり、二十代後半で体調を崩して自宅にいた数ヶ月の時期は24時間TBSラジオをつけていた。ゆうゆうワイド、ストリーム、デイ・キャッチ!、UP's(後にJUNK)、そして早朝のおはよう一直線、と日がなラジオ漬け。

30代に入り、結婚もして、仕事と深夜ラジオの両立が徐々に難しくなり、毎日リアルタイムで聴く回数も減っていき、代わりにPodcastを聴くようになった。ちなみにその頃見つけたのが、マキタスポーツプチ鹿島サンキュータツオの東京ポッド許可局。今やTBSラジオでレギュラー化し、毎年イベントを全国で打つほどに成長した。その過程をリスナー(局員)として一緒に過ごせてきたことは、ラジオっ子としてこの上ない喜びだ。

話が脱線した。

radikoがスタートしてタイムフリー機能が使えるようになってからは、リアルタイムで聴けないラジオを後から聴けるので大変重宝している。

それでも聴きたい番組とその時間数が、こちらの体力や時間の制限の中に収まり切らず、取捨選択を迫られてしまい、伊集院光の番組はこの数年ほとんど聴いていなかった。自分の思春期のこじらせも二十代のひねくれも伊集院光によって慰められていたというのに。

で、先週、久しぶりにオールナイトニッポンのゲストとして登場した伊集院光を聴いた次第。それで無性に伊集院光の深夜ラジオが聴きたくなり、今週月曜のTBS深夜の馬鹿力radikoのタイムフリーで聴いた。

その放送内で伊集院が紹介してかけた曲が我妻佳代の『悲しみの向こうがわ』。滅多に音楽をかけない伊集院。というかTBS推薦曲すらかけたがらない伊集院が、自選曲をかけるのは珍しい。それほどに思い入れのある曲ということだ。

で、この曲、自分も思い入れがある。何故なら、昔、伊集院光ニッポン放送時代にOh!デカナイトで「大好きな曲」と言ってかけた曲なのだ。当時は番組をカセットテープに録音していて、留学した時もそのカセットテープを擦り切れるほど繰り返し聴いていた。その中で、『悲しみの向こうがわ』をかけるくだりがあり、再生を繰り返すうちにテープの音声飛びが出始め、歌の途中で一小節の一部分だけが音飛びするようになったのをよく覚えている。伊集院は『さよならの向こうがわ』と紹介して曲をかけて、曲終わりに「タイトル間違えました。『悲しみの向こうがわ』でした」と言っていた。

17年くらいの時を経て。テレ東佐久間プロデューサーのオールナイトニッポンをきっかけに、数年ぶりで伊集院光の深夜ラジオを聴いたら、「元おニャン子我妻佳代さんで、『さよならの向こうがわ』です」と紹介して曲が流れ始めた。プッシュホンのピッポッパッがメロディになっているイントロを聴いた途端、一瞬にして中学生の頃の記憶が蘇り、当時の寝室の光景や、ラジオを録音したカセットテープの色や、留学したときの郷愁感などが脳内を駆け巡った。

曲が終わって「タイトル間違えました。『悲しみの向こうがわ』でした」と伊集院が訂正した。まんま17年前だ。うわー、こんなことあるんだな。なんだかうまく表現できないけど感動した。これはなんというか、一種のご褒美だな。長年ラジオを聴き続けたご褒美。他人にはわからないご褒美。いただきました。

悲しみの向こうがわ

悲しみの向こうがわ

 

2019 day177

有休取って、息子の月一病院通いの帰り、自宅最寄駅の近所の喫茶店にかき氷を食べに行った。こじんまりとした店内は主婦層でほぼ満席。二人席に通され、妻と向かい合って座り、息子は膝の上に乗せた。かき氷を注文してぼんやりしていると、隣の席のマダム2人の会話が聞こえてきた。

「ご主人はどうだったの?北極点はどこから入ったの?」

一瞬耳を疑った。

北極?

「まあ、北極とか南極は、別物だから……」

やっぱり北極って言ってる。ご主人北極に行かれたんですか?まるで軽井沢に行ってきましたくらいの軽い調子で話してるけれど、北極ですよね?

「この前、スイスからミラノに入った時にね、バルサミコのお店があって教えてもらったんだけど、何にでもかけちゃうんですって、イチゴとか……」

おお、まるで、新橋側から銀座の中央通りを歩いていたらバルサミコ酢のお店見つけたの、っていうくらい軽いノリでご自身の旅行体験記を話している。

「ラスベガスでゴルフしたらいいわよ」

その発想はなかった。とてもグローバルな庭感。

「もういくつも持ってても仕方ないし。入ってくる分にはありがたいんだけど、年数も経つと修繕も大変じゃない?だから売っちゃおうと思ってて」

今度は不動産の話を始めた。場所はわからないがいくつも所有しているらしい。

「お友達が4,000万で買ってくれるっていうのね。それで税理士さんに聞いたら、購入したときよりも安い値段で売るなら、税金は納めなくていいらしいの」

「あら、そうなの?へえ。でも、いいお友達がいらしてよかったわね」

お友達もけっこうなマダムなのでしょうね。

「お宅の坊っちゃんどうなの?お相手とは?」

「ええ、子供とも仲良くしてるみたい。前の方はね、芸能人だったけど。今度の方は、女医さんって言うの?マンションも買ってあげたからそこでね。9月に出産予定で」

「ねえ、孫っていいわよね、可愛いわよねえ」

ええと、マダムのご子息の前妻は芸能人で、その人との間に生まれた子の親権はもちろんマダムのご子息のもので、新しい奥様は女医さんで前妻の子との関係性も良好で、秋には二人目の孫が生まれる、と。

芸能人ってだれ?芸能人っていってもピンキリだけど、教えて!気になる!だれ?っていうか、やっぱマンション買ってあげるんだ。息子にマンション買ってあげるんだ。すごいな、マダム。いいな、息子。

ふわふわで絶品の宇治金時かき氷を食べながら、マダム2人の会話に意識が集中してしまう自分と妻。何かにつけて目を合わせ、「すごいな」「マジか」と視線で合図を送り合う。

まあ、小市民ですね、我々。まあ、ゲスいですね、人様の話に耳をそばだてるなんて。

唯一息子だけはとてもピュアで、自分の器に分けてもらったかき氷を無心に食べていた。相変わらず素敵な後頭部をしている。そんな後頭部を眺めながら、パパは、セレブなマダム達のリッチな会話に夢中だったよ。君のようにピュアになりたい。でも、マダム達の話、もっと聞いていたい!

2019 day168

この季節だから、19時過ぎに自宅の最寄駅に着くと、まだ夜の帳が下りる一歩手前。薄暗い空の向こうの雲の隙間から夕焼けが見えた。

今月は残りの出勤すべて定時で上がることにしたので、晴れていれば毎日この景色が拝めるのかな。

うちの会社は良くも悪くも法令遵守には真面目で、特に36協定には厳しいので、45時間を超過する残業は許されない。11月起算で既に3回超過している自分は、4回目になると本部の管理下に置かれてしまうので、その事態だけは避けたい。

そんな状況だが、今月はいろいろ重なった影響で、先週時点で36時間になってしまった。普通に考えると60時間ペースなわけだが、残業の理由となった案件はいくつか収束しているので、60時間になることはないが、まあそれでも45時間は余裕で超えそう。45時間を超えない為にはどうするか。①時間内に仕事を終えられるようより効率的に取り組む→がんばるが物量が多いので限界はある(そもそも社内外大小の打ち合わせが多いし)、②他の人に仕事を振る→役割的にあまり無い、③定時になったら仕事が残っていても帰る→積み残しを割り切る。とは言っても締め切りものは常にあるし、予定通りにうまくいくとは思えないが、とりあえずやる。いっそのこと有休を取るという手もあるが。

で、今日は定時を25分過ぎて帰ってきた。明日はさらに早く帰らねば。

働き方改革という名ばかりの労働者を苦しめるだけの規制について盲目的に遵守することだけを正義としている会社で働いていると、ただただ現場は疲弊していく。無理して残業を抑えずとも自然に緩和されるような、そんな仕組みを本気で考えてもらいたい。せめてそういうポーズだけでも見せてくれればいいのに。うちの会社はほんとに保守的だからなぁ。というか、自ら改革を起こせるような知恵も度胸もない人たちしかいないのだろうか、経営層は?

まあそんなわけで、わたし、定時に帰ります。