読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雷鳴

f:id:jiuramsey:20150906143523j:image

曇天を突き抜け地上に現れたるは、猛り狂った白き猪。
鬣靡かせ、人の往来を脇目も振らず猪突猛進。
その蹄に踏みつぶされながらも、信心深き人々は猪神を拝み明日の豊作を願う。
もはや疾風と化した白き猪は、大きな足跡だけを残して姿を消していた。
遥か彼方に轟く雄叫びは、大地を広く覆う曇天を切り裂かんばかりの雷鳴となった。
その刹那、天への道標が光となって人々の頭上を照らしたのだが、気付けたのは盲の者だけだったという。



藝大生が作ったこの作品を見たら、頭の中にそんなストーリーが浮かんだ。