日常

春は苦手だから

よく春になるとラリパッパが蠢きだすというが、確かに子供の頃から春先にそういう天然系の人たちをよく目にしていたような気はする。 かくいう自分も、桜の蕾ができる前後くらいになると無性に身体と心がムズムズして気持ち悪いという感覚がランドセルを背負…

シアターシック

本来は昨年6月終了予定だった業務が延長に延長を重ね、先週1月6日(金)にようやく完遂した。自分史的にも職場的にもだいぶ大きなウェイトを占める業務だっただけに、感無量を実感した。 そんな感傷に浸る暇もなく新年が始まり続々と案件が舞い込む中、ひと…

続・映画なんて観なくたって生きていける

蒐集癖がある。 タバコの銘柄を全部集めようとしたことがあった。いろんな種類のタバコの箱を壁一面に並べたら綺麗だろうなと思ったのだ。 好きな作家の本はすべて買いあさって本棚に並べた。好きな漫画家の作品も同様だ。本人の著作でなくても関連する作品…

夢?

昨晩見た夢。 原因はわからないが(もしくは忘れたが)、大地が津波のように隆起し、大勢の人々が飲み込まれた。自分もその災害に遭い、頭上高く迫り来る土壁に死を受け入れた。 土砂に埋もれていたところを誰かが救出してくれたようで一命は取り留めたもの…

映画なんて観なくたって生きていける

はじまりは『ダンボ』だった。百貨店の小さなシアターに母親に手を引かれ観に行った。 それから家では『ピーターパン』を繰り返し観ていた。 きっかけは『パルプ・フィクション』と『カッコーの巣の上で』。映画に魅せられた瞬間だった。そして同じ時期、気…

幸せの尺度

2016年度も上半期がもうすぐ終わる。会社のほうは人事異動もあり、職場の体制も変わる。自分の計画とは裏腹に、役職が上がり続けているこの数年。辞めどきがいよいよなくなってきた。子供が生まれたこともあり、それはそれでいいのかなとも思う。 手狭になっ…

who will save your soul

靖国参拝。 人生は草露の如し。 生きるのは誰がために。 自分の魂を最後に救うのは心の中の神=自分自身なのかもしれない。 Who Will Save Your Soulジュエルポップ¥200provided courtesy of iTunes

4/5が揃った夜

19時@下北沢GARDEN 『いまみち杏子のお・も・て・な・し~夏のヒ・ト・サ・ラ・イ~(仮)』 杏子率いるUNDER NORTH CLUB BAND +藤井隆 いまみち率いるヒトサライ +オカモトコウキ(OKAMOTO'S) ここまででも十分楽しい。 続いて、 いまみち、杏子、ヒラポ…

一時停止

今日は、一時停止をすることもなく、朝からずっと働き詰めだった。午前中はルーティーン業務に加えていくつか資料作成があり、昼過ぎには定例の会議、その後は資料作成の続き、そしてその資料をもとに研修、合間にルーティーン業務と社内面談。分刻みのスケ…

変化

息子が産まれて2週間が経った。正直これまでは、自分自身が一番だったが、不思議なもので今は子供のことが一番になった。この子のためならなんでもできるという気持ちが自然と湧き上がってくる。里帰りから戻ってきたら、うちの猫がどんな反応をするか楽しみ…

名曲

真っ赤なアンプを何台か数珠繋ぎにして、ギターを手に歌を作っていた。そんなに苦労することなく一曲仕上がった。いい曲ほど、割と時間がかからずにスルスルと出来上がるものだ。一節歌ってみたら、これはいけると確信した。メロディと併せて詞も自然と浮か…

水風呂リテラシー

たまに、リフレッシュするため近所の銭湯に行く。泡風呂⇨サウナ⇨水風呂⇨泡風呂の順番で入る。泡風呂で背中に泡を当てて凝りをほぐし、サウナで思いっきり汗を流す。そして、水風呂に肩まで浸かり、開いた汗腺をきゅっと引き締めて、最後に泡風呂でもう一度身…

順番待ち

順番待ちのできない大人が増えている。例えば顕著なのが電車の順番待ち。ホームで次の電車を待っている。先頭に立っていると、次第にぞろぞろと横や後ろに列ができ始める。やがて電車がやってくる。降りる人の為にドアの脇に寄ろうとすると、いつのに間にか…

一番福

兵庫の西宮神社で毎年開催される開門神事福男選び。今年は、陸上部に所属する高校生が、見事一番福に輝いたそうだ。そもそも開門神事福男とはなんなのか?以下、西宮神社のHPより抜粋。________________________居籠(いごもり)一月九日の宵えびす、大勢の…

2015年の振り返り

2015年は、『毛皮のヴィーナス』という変態映画から始まり、『ジョーカー・ゲーム』というジョークにもならないお粗末なブツを観て、『味園ユニバース』で渋谷くんの歌に惚れ、『フォックスキャッチャー』でビビビと痺れたのが春。『セッション』の不快感に…

お腹ぽこぽこ族

産婦人科に来ると、当然妊婦さんだらけなわけで、その光景を見ると妊娠が当たり前のように感じてしまう。でも本当はとても大変なことで、尊いことで、一人一人に苦悩や喜びなどのドラマがあるはずだ。欲しくても授からない人だって大勢いる。それなのに、病…

同じ蟻でも…

勤務先の職場にしょーもないおっさんがいて、恐らく40代半ばくらいなんじゃないかと思うのだが、うちの会社でのバイト歴も長い。何がどうしょーもないかというと、仕事が遅く、バカ丁寧で無駄が多い。物量は普通の人の三分の一くらいしか仕事ができない。そ…

初めてのギター

祝日の午後、とある用事で、曇り空の御茶ノ水界隈を歩いていた。楽器屋の立ち並ぶ坂道を歩いていたら、両親と共にハイティーンの女の子が楽器屋から出てきた。店の人が出口で見送る。女の子はソフトケースに入ったギターを背中に背負っていた。父親が何か笑…

二画面視聴

昨晩、テレビをつけたらTBSでは世界野球プレミア12をやっていた。日本vs.ドミニカ共和国。7回、2-0で日本がリードしている。続けてチャンネルを回したら、今度はフジテレビでサッカーのワールドカップ予選がおこなわれていた。日本vs.シンガポール。後半が始…

秋の深まり

遡ると、会社が規定している残業時間を5月からずっと超過していて、8月9月10月は休日出動とかもして規定の倍近い80時間を超えてしまい、そのせいか身体にガタがきている。この前は舌に痺れを感じ始め、数日後には食べ物の味も苦く感じるほどの状態になってし…

ゾンビ祭り

街中はゾンビだらけ。せっかくだったら動きもゾンビっぽくしてくれないかなぁ。いっそのこと『ウォーキング・デッド』祭りにして、武装してる人間とゾンビとでパーティすれば面白い。誰か何かしらのゾンビ映画コスプレしていないか見渡したが、残念ながら見…

鎌倉の恋人

今まで好きになった女性、または可愛いと思った女性は、必ずしも同系統というわけではない。顔立ちもスタイルも性格も違う。きっと自分にはタイプというのは無くって、いろんな人を好きになる性分、つまり気が多い、もっと言ってしまえば節操が無い、良く言…

思い出ゲーム

そうだ、今月に入って『ピエロがお前を嘲笑う』を観ていたのだった。10月4日に観に行った記録があった。パンフレットも本棚の一番上に乗っかっていた。つまり、一番最近観た作品ということだ。備忘録を付けるのが遅れると、こうやってどんどん忘れていってし…

おにぎらず

業務拡大と人事異動と退職が重なった夏。既存業務に加え、新規業務の立ち上げに向けて準備が忙しくなる中、強力な管理者が、7月から8月にかけて、4名いなくなった。平行して、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)強化のための社内サーバ整理もおこ…

スーパームーン

雲のカーテンの向こうに輝く月。今宵はスーパームーン。たしかにいつもより大きく見える。放つ光も特大だ。星もないのに夜空がひときわ明るい。1時間ほど前、妻は想いを馳せるように見上げていた。今はひとり、ベランダでビール片手に月見。何を願うわけでも…

赤い星

今夜の東京の夜空は晴れている。そして明るい。高層ビルの灯りに照らされているのだ。空に浮かんでいる雲の形がよく見える。なのに、星は見えない。サイパンの夜空には、いまにも降ってきそうなほどの数多の星がすぐ近くに見えた。東京の夜空には銀色の星が…

リフレッシュ

何もないところでただひたすらのんびりしたい、と妻にわがままを押し通して行ったサイパン。台風13号の影響云々ではなく、明らかに最初から何もなかったんだなあと思わせるほどなんにもなくって額から汗がこぼれた。いや、この汗は南国の太陽に照らされて出…

雷鳴

曇天を突き抜け地上に現れたるは、猛り狂った白き猪。鬣靡かせ、人の往来を脇目も振らず猪突猛進。その蹄に踏みつぶされながらも、信心深き人々は猪神を拝み明日の豊作を願う。もはや疾風と化した白き猪は、大きな足跡だけを残して姿を消していた。遥か彼方…

ダンシング・マミー

休日出勤の朝、普段よりもゆっくりめの時間帯に地下鉄に乗った。乗客もまばらな車内には、生後7〜8ヶ月くらいの赤ちゃんを胸に抱いた母親が、ガラガラな座席の前に立っていた。彼女は、我が子をあやすためにリズムよく身体を揺らしていた。肩を軽く前後左右…

ナァー

疲れがたまった上に睡眠不足の日が続くと、人は機嫌が悪くなるものらしく、ここのところイライラが止まらない。特にこの2〜3日は、仕事上苛立たせることが連発したため、各レイヤーにいつになく強い口調でキツイことを言っている。昨夜は久しぶりに4時間以上…

専用区画

墓地に女性専用区画だそうだ。霊園の新企画として売り出し中らしい。死んでまで男子禁制でいたいのか?死んだ人が女性専用がいいのか、お参りに行く人が女性専用がいいのか。「男に墓を触られたくない」「男に拝まれたくない」「男の僧侶はお断り。尼僧でお…

定番のありがたみ

仕事を終え家に着くと、外から音が聴こえてきた。そのリズムに乗った音が気になり、窓を開けてみた。ベランダから様子をうかがうと、音の出どころは近所の公園だった。町内会の盆踊り大会だ。しかし耳に入ってくる音楽はいわゆる盆踊りらしい音楽ではなく、…

yahweh

8月15日は毎年なんやかんやで仕事をしていたが、大東亜戦争終戦から70年の今年は、きちんと休みを取った。靖国参拝。日輪が神殿を包み込んでいた。「戦後」という言葉を今も使い続けていられるのは幸福なことだ。多くの屍の上にこの命は成り立ち、そして次の…

秋川渓谷にて

夏の涼を楽しむ。

江の島灯籠

先日、昼過ぎにふと思い立ち、そのままふらっと江の島へ。島を寝ぐらにしている猫たちがあちらこちらから顔を出し、出迎えてくれた。少し歩いて汗をかいたので、路地裏にひっそりと佇むカフェに入る。苦めのアイスコーヒーを注文し喉を潤した。ジャズの流れ…

予告

あまりにも仕事ばかりを詰め込みすぎて、今年に入って予定どおり映画館に行けていないということがさらにストレスを加速させている、と当然のことに気付いていながらも仕事を優先させている今夏。さて、相変わらず仕事は半端ないが、これから怒涛の映画鑑賞…

最後の客

そのカレー屋さんは10年近くおばちゃん一人で切り盛りしていた。自分で作って、自分で給仕して。10人くらいしか入れない小さなカレー屋さん。店内には、おばちゃんの描いた猫の絵がたくさん飾ってあった。昔飼っていたというおばちゃん家の猫だ。その絵を眺…

季節はずれのサヨナラ

転職2名。移動2名。人の動きが重なった夏。新天地を目指す者は、寂しさをあとに新たな挑戦に闘志を燃やす。残された者は、喪失感に押しつぶされないよう力技で乗り越えていく。真夏のサヨナラほど涙の似合わない別れはない。だから笑顔で送り出そう。

ツバメの巣

何年ぶりだろう、野球観戦をしたのは。同僚に誘われるがままに行った神宮球場。ほぼ満員の客席はホームとアウェーの色にぴっちり分かれていた。仕事を無理矢理終わらせて着いたのが19時半。試合は4回まで進んでいた。ヤクルトが4-0で広島をリードしている。…

おもいで

夏の終わりに建て壊す予定のそのホテルは、赤ん坊の頃から10代の途中まで通っていた思い出のある場所。今日は遅めの昼食をそのホテルのレストランで取った。久方ぶりの店内は、記憶の中より小さく感じた。窓ガラス越しに中庭が見える席で、懐かしのビーフカ…

今日のご褒美

職場を出ると目の前に大きな虹が。ここのところ溜まっていたものがスーッと透明になり、一瞬だけ心が軽くなる。「虹の麓に行ったことがあるかい?」昔、誰かがそんなことを言っていた。よくあるおとぎ話だろう。話のその先は覚えていない。そばを通りかかっ…

空回る人

その想いや信念は決して間違っておらず、反論の余地のない正論だが、根回しや、伝える手順、言葉の選び方、相手の反応を先回りして考える力、などなどが足りていなかったりずれていたりすると、相手からは反感を買うし、傍目には滑稽だし、近くの人間はフォ…

限りなく0に近い夢

サマージャンボ7億円、サマージャンボミニ7000万円。 1%よりも限りなく0に近い夢に、どうしたって想いを馳せてしまうのは、非常に人間らしい性。 富くじ祭に参加する人数がいればいるだけ、予算が増えて確率が下がる。…というわけでもない仕組みに敢えて乗っ…

舌にしみついた記憶

部下がハワイ旅行に行ってきたそうで、お土産にチョコレートをもらった。三種類あって、中がマカデミアナッツ、クランチ、キャラメルと、どれも美味しくいただいた。昼休みを取れていなかったので、ありがたい糖分補給だった。ハワイのチョコレートはなぜあ…

浸食

以前は、歌舞伎町はこの辺りまでくればいかがわしい空気がぷんぷんしていたものだ。しかし、ゴジラが見下ろす今となっては、ちょっとしたアミューズメントパークさながら健康的なカップルや退屈そうな若者たちの往来に、本来の姿であるこの雨のようなジメッ…

シネマティックキャット

気だるい梅雨の午後。キッチンでは妻が昼食用にカルボナーラを作っている。いつもどおり、味見のしすぎで味がわからなくなったとぼやく。ここのところ疲れがたまっていたせいか、それとも気圧配置の関係か、とにかく何もやる気が起きない。締切の迫るシゴト…